19/04/19(金)   「たったの2分・・・・・・」   【鹿の角】
世の中には、「人の不幸は蜜の味」−−という諺がある。

人が苦しんでいる姿をみるのは楽しい、というような性格の悪さを示した諺だ。

別にカッコをつけるわけではないけれど、筆者は、この諺の意味というか真意がよくわからなかったけど、最近、諺にピッタリの出来事があった。

ご存知の方も多いと思うが、それは現地時間11日に行われた「米韓首脳会談はたった2分間だった」−−との報道になる。

ちなみに、この報道、日本でもなかなか大きく取り上げられているが、もともとは韓国発です。

つまり、当事者のひとりである文大統領のお膝元の韓国メディア自身が、批判的に報じていたわけだ。

「だから」というわけではないけれど、たぶん本当のことなのでしょう。

ともかく、この報道には笑わせてもらいました。ホントに面白い。

また、報道を受けて、ネットでは「通訳時間を除けば、実質的には1分未満。数十秒」−−なんて書き込みもありましたね(笑)。

いずれにしても、いい気味で、先にも書いたように、筆者はようやく「人の不幸は蜜の味」という気持ちを知ることが出来ましたよ(笑)。ホントに、気分爽快です。

一部には、さすがに「2分間の会談は盛り過ぎ」−−という意見もあるけれど、そもそも米国サイドとしては、「大韓民国臨時政府」が設立されてから100周年にあたるという韓国にとってかなりの重要日の4月11日に米国に来い、という無茶ぶりをした段階で歓迎していないことは明白なんですけどね。

きっと、「その日は行けません、別の日にしてください」と韓国が断ってくると思っていたら、ノコノコやってきたので、言った手前「仕方なく会った」ということだと思いますが・・・・・・。

しかし、こうした対応をみると、好きか嫌いかは別にとして、やっぱりトランプさんはスゴイと思いますね。ホントにスゴイ。
安倍さんを中心に、日本の政治家も、是非とも真似をして毅然とした態度をとっていただきたい、そう思います。

Date: 2019/04/20

 

 

このCGIについて