18/06/22(金)   「意味が分からん???」   【鹿の角】
仕事帰りに、書店へ寄った。

新刊で欲しい本(推理小説)があったので、それを買うためだ。

ちなみに、言ってもわからないと思うけど、一応言っておく。その本は、著者・竹本健治さん、6月15日にでたばかりの講談社文庫『ウロボロスの純正音律』−−になる。

この本は上下2巻になっており、さすがに発売されてスグなので、大量に平積みされていて容易に見つけることが出来た。

が、それは上巻だけ。何故か、下巻が1冊も見当たらない。

えっ!?上下巻とも同日、つまり15日に発売されているよね?

なのに、何故下巻がないの?

店員さんに聞こうかと思ったのだけど、今日はちょっと時間が押していて「ケツかっちん」。

結局、尋ねることはなく、また上巻だけを買うこともなく、店を後にした筆者なのでした・・・・・・。

しかし、なんで同じ本の「下巻だけ」がないの?

これが逆、「上巻だけ」ないなら、話はわかる。上下巻の2冊を同時に買うのではなく、1冊(上巻)を読み切ったら、また次に下巻を買うつもりなんだね、と。

でも、下巻だけを1冊、先に購入するなんてありますか?普通に??

これって、軽いミステリーだよ。いわゆる「日常の謎」タイプのね。

イヤハヤ不思議ですわ。興味深いので、「頭の体操」だと思って、色々と考えてみたいと思います・・・・・・。

Date: 2018/06/23

 

 

このCGIについて